首页 日语学习 日语书籍 資本論

資本論

来源:カール・マルクス 作者:日语港 时间:2017-03-06 阅读:6224


カール・マルクス

英語版 「資本論」の 目次

English Edition of "Das Kapital"  Translated by Samuel Moore and Edward Aveling,Edited by Friedrich Engels

Contents

原書及び邦訳対象とした英文 Online Version 原文について
Written: 1867
Source: First english edition of 1887 (4th German edition changes included as indicated).
Publisher: Progress Publishers, Moscow, USSR
First Published: 1887
Translated: Samuel Moore and Edward Aveling - edited by Friedrich Engels

Online Version: mea 1995, marxists.org 1999
Transcribed: Zodiac, Hinrich Kuhls, Allan Thurrott, Bill McDorman, Bert Schultz and Martha Gimenez (1995-1996)
HTML Markup: Stephen Baird and Brian Baggins (1999)

邦訳及びアップロード: 宮崎恭一 (2010)
英語版「資本論」の邦訳に当たって


第一巻 資本の生産過程[V o l. 1]
Volume One: The Process of Production of Capital
(訳者注 : 英語版「資本論」は第一巻のみである。


  英文の第二巻は、Progress Publishers, Moscow 1956, I. Lasker訳 また、第三巻はInstitute of Marxism-Leninism, USSR, 1959 がある。)

序文とあとがき
Prefaces and Afterwords
(訳者注 : ここでは、エンゲルスの英語版の序文のみ訳出)


第一篇 商品と貨幣 [Part 1]Part I: Commodities and Money


第一章 商 品 [Chapter 1]
Ch. 1: Commodities

第二章 交 換 [Chapter 2]
Ch. 2: Exchange
(訳者注 : ドイツ語版では、交換過程 フランス語版では、交換)

第三章 貨幣、または 商品の流通 [Chapter 3]
Ch. 3: Money, or the Circulation of Commodities
(訳者注 : 向坂逸郎訳では、貨幣または商品流通)


第二篇 貨幣の資本への変換 [Part 2]
Part II: The Transformation of Money into Capital
(訳者注 : ドイツ語版では、第二篇は、第四章のみで、その中に第一節から第三節の各節があるが、英語版では、これらが章として記述されている。マルクスの指示書によりこの形式になっているが、確かに、章にするだけの内容があると、私も感じている。フランス語版ですでにそのようにしているのを引き継いでいる。なお、向坂逸郎訳では、貨幣の資本への転化)


第四章 資本となるための一般公式 [Chapter 4]
Ch. 4: The General Formula for Capital
(訳者注 : 向坂逸郎訳では、資本の一般定式 ドイツ語版では、この章は、第四章 貨幣の資本への変換 の第一節 資本となるための一般公式となっている。)

第五章 資本となるための一般公式 における矛盾 [Chapter 5]
Ch. 5: Contradictions in the General Formula of Capital
(訳者注 : この章は、ドイツ語版では、第四章 貨幣の資本への変換 の第二節 資本となるための一般公式における矛盾 となっている。)

第六章 労働力の買いと売り [Chapter 6 ]
Ch. 6: The Buying and Selling of Labour-Power
(訳者注 : ドイツ語版では、第四章 第三節)


第三篇 絶対的剰余価値の生産 [Part 3]
Part III: The Production of Absolute Surplus-Value


第七章 労働過程と剰余価値生産の過程 [Chapter 7]
Ch. 7: The Labour-Process and the Process of Producing Surplus-Value
(訳者注 : ドイツ語版では、章番号が2減じられる。英語版第七章はドイツ語版では第五章である。以下同様)

第八章 不変資本と可変資本 [Chapter 8]
Ch. 8: Constant Capital and Variable Capital

第九章 剰余価値率 [Chapter 9]
Ch. 9: The Rate of Surplus-Value

第十章 労働日 [Chapter 10]
Ch. 10: The Working-Day

第十一章 剰余価値の 率と量 [Chapter 11]
Ch. 11: Rate and Mass of Surplus-Value


第四篇 相対的剰余価値の生産 [Part 4]
Part IV: Production of Relative Surplus Value


第十二章 相対的剰余価値の概念 [Chapter 12]
Ch. 12: The Concept of Relative Surplus-Value


第十三章 協 同 作 業 [Chapter 13]
Ch. 13: Co-operation


第十四章 分業と工場手工業 [Chapter 14]
Ch. 14: Division of Labour and Manufacture


第十五章 機械と近代工業 [Chapter 15]
Ch. 15: Machinery and Modern Industry




第五篇 絶対的剰余価値と相対的剰余価値の生産 [Part 5]
Part V: The Production of Absolute and of Relative Surplus-Value


第十六章 絶対的剰余価値と相対的剰余価値 [Chapter 16]
Ch. 16: Absolute and Relative Surplus-Value

第十七章 労働力の価格と剰余価値とにおける大きさの変化

[Chapter 17]
Ch. 17: Changes of Magnitude in the Price of Labour-Power and in Surplus-Value


第十八章 剰余価値率に関する公式 [Chapter 18]
Ch. 18: Various Formula for the Rate of Surplus-Value


第六篇 賃金 [Part 6]
Part VI: Wages


第十九章 労働力の価値(とそれぞれの価格)の賃金への変換

[Chapter 19]Ch. 19: The Transformation of the Value (and Respective Price) of Labour-Power into Wages


第二十章 時間賃金[Chapter 20]
Ch. 20: Time-Wages

第二十一章 出来高払い賃金[Chapter 21]
Ch. 21: Piece-Wages

第二十二章 賃金の国別の違い[Chapter 22]
Ch. 22: National Differences of Wages


第七篇 資本の集積 [Part 7]
Part VII: The Accumulation of Capital


第二十三章 単純再生産[Chapter 23]
Ch. 23: Simple Reproduction

第二十四章 剰余価値の資本への変換[Chapter 24]
Ch. 24: Conversion of Surplus-Value into Capital

Ch. 25: The General Law of Capitalist Accumulation


Part VIII: Primitive Accumulation


Ch. 26: The Secret of Primitive Accumulation
Ch. 27: Expropriation of the Agricultural Population from the Land
Ch. 28: Bloody Legislation against the Expropriated, from the End of the 15th Century. Forcing down of Wages by Acts of Parliament
Ch. 29: Genesis of the Capitalist Farmer
Ch. 30: Reaction of the Agricultural Revolution on Industry. Creation of the Home-Market for Industrial Capital
Ch. 31: Genesis of the Industrial Capitalist
Ch. 32: Historical Tendency of Capitalist Accumulation
Ch. 33: The Modern Theory of Colonisation

  • QQ
  • 公众号
  • 回顶部